東京急行電鉄(現状の所属とは異なる場合があります)

1990(平成2)年10月1日~1991(平成3)年12月31日 鉄道車両の動き

   20000系

  デハ
20000
  サハ
20050
  デハ
20000
  サハ
20050
  サハ
20050
  デハ
20000
  デハ
20000
   備考 index
                                 
  20001   20051   20101   20151   20251   20201   20301   新造:1991.12.24(日車) 経堂 1991.4
  20002   20052   20102   20152   20252   20202   20302   新造:1992.1.26(川重) 経堂 1991.7
                                 

   1000系

  クハ
1050
  デハ
1000
  デハ
1000
  クハ
1050
   備考 index
                     
  1067   1017   1117   1167   新造:1990.10.18(日車) 海老名 1991.4
  1068   1018   1118   1168   新造:1990.10.23(日車) 海老名 1991.4
  1069   1019   1119   1169   新造:1990.12.5(東急) 海老名 1991.4
                     

   1000系1700番台(2m乗降扉車・6両編成)

  クハ
1050
  デハ
1000
  デハ
1000
  デハ
1000
  デハ
1000
  クハ
1050
   備考 index
                             
  1751   1701   1801   1851   1901   1951   新造:1991.3.21(東急) 海老名 1991.7
  1752   1702   1802   1852   1921   1952   新造:1991.3.7(川重) 海老名 1991.7
                             

   1000系1500番台(2m乗降扉車・4両編成)

  クハ
1050
  デハ
1000
  デハ
1000
  クハ
1050
   備考 index
                     
  1551   1501   1601   1651   新造:1991.3.13(東急) 海老名  1991.7
  1552   1502   1602   1652   新造:1991.3.4(川重) 海老名  1991.7
                     

'91.1.1-3.31 記事
□新造 今回登場した1000系はラッシュ対策として他にはない2m扉車で、4両編成が1500番台、6両編成が1700番台になった。また、窓は全車両エア方式のパワーウィンドーになったほか、一部の車両では液晶テレビの設置、折りたたみ腰掛の採用など、今後の通勤者の在り方を提案した車両になっている。

'90.10.1-12.31 記事
□新造 20000系はJRの御殿場線乗入れ用特急車。SE者の置換えで、連絡急行「あさぎり号」を沼津まで延長して、3月16日からJR東海の371系とともに運用される。車体は、塗装もブルー系とピンク系のパステル調のラインで、従来のロマンスカーと異なった明るいイメージ。サハ20151・20251は2階建で、2階はグリーン車に相当する特別車、サハ20151の1階は4人用の簡易個室、サハ20251の1階は3列の普通席になっている。

index

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
1992 1991.7.1-9.30
動きなし
    1991.10.1-12.31
動きなし
               
1991       1990.10.1-12.31
新造(1067・1068・1069・20001)
    1991.1.1-3.31
新造(20002・1551・1552・1751・1752)
    1991.4.1-6.30
動きなし